スポーツ

久保 建英はなぜ古巣バルセロナに復帰?うますぎるが故の苦悩

久保建英選手大活躍ですね。

「天才」「和製メッシ」などと言われていますが実力やプレーの凄さは誰もが認めるほど

海外からの評価も相当なものがあります。

かつてスペインのバルセロナユースに所属していましたが、その後日本に復帰FC東京に入団しました。

最近の情報では、また古巣バルセロナに復帰との情報が入って来ました。

 

久保建英(くぼたけふさ)選手プロフィール

2001年生まれ

神奈川県川崎市出身

坂浜サーカークラブーFCパーシモンー川崎フロンターレU10ーFCバルセロナユースーFC東京U15ーFC東京U18ー横浜F・マリノスへの期限付き移籍

 

久保 建英は古巣バルセロナに復帰?

2019年2月14日のスペイン紙の報道では「バルセロナ復帰に合意」と報道されました。

FC東京から横浜F・マリノスへの期限付き移籍の背景にはJ1での出場を強く要望していたことがあったようです。FC東京の監督は「ボールがないところでも動きの質や量を課題としてトップチームでの出場を見送っていた」と言っています。久保建英選手はトップチームでの出場を熱望して移籍となっています。

バルセロナへの移籍も同様でより高いレベルでの環境に自身を置くことで成長することを考えているようです。ストイックで成長に貪欲ですね。

 

 

うますぎるが故の苦悩

バルセロナに復帰したとしても茨の道がまっている。

地元カタルーニャ出身以外の選手でバルセロナトップチームでのプレーができる選手は少ないのが現状。地元愛の強いファンがカタルーニャ出身選手をとりわけ支持しているからのようです。

かつて「韓国のメッシ」と言われていた、久保建英選手と同じくアジア人としてバルセロナユースの所属していた「イ・スンウ選手」は2017年夏に戦力外となり、セリエAのエラス・ヴェローナに売却されバルセロナトップチームでの出場は叶いませんでした。

バルセロナは世界中からトップレベルの選手が集まってきます。実力・人気・うまさがあったとしてもサッカー以外の要素でなかなか認められないケースもあるようです。

また、日本代表としても今後は活躍が期待されますがスペインから日本への移動は相当時間がかかります。それだけチームを離れることは信頼を失うことにもなります。

 

ネット上での反応

 

まとめ

古巣スペインバルセロナへの移籍が噂されているが、現実的には茨の道

うますぎるだけに周囲からの期待が強い。

日本とスペインの往復はいろんな意味で大変。