スポーツ

久保建英の生い立ちを幼少期からレアル・マドリード移籍までを紹介!

久保建英選手レアル・マドリードへの移籍が決定しましたね。日本人でここまでのビッグクラブへの移籍はかつてないことです。

コパ・アメリカ2019でも活躍していますね。若干18歳ですが世界のトップ選手とも互角以上に渡り合っているようにみえます。

そんな久保建英選手は幼少期の頃からサッカーの英才教育を受けてきたと言われています。

生い立ちを幼少期の頃からレアル・マドリード移籍までをまとめてみました。

 

久保建英の幼少期

2001年6月4日 神奈川県川崎市麻生区で出生

 

父がコーチをする東京都稲城市の坂浜サッカークラブに2004年3歳のことから参加。

 

2009年8月小学校2年生の頃バルセロナのキャンプに参加しMVP獲得。

 

2010年4月にはバルセロナ選抜にも選出され、ベルギーで開催される大会に出場し3位であったがMVPに輝いた。

 

2011年8月にはFCバルセロナ下部組織カンテラに入団しスペインに渡る。それぞれの年代が在籍する組織で得点王やMVPなどに輝き優秀な成績を収める。

 

しかし、所属していたFCバルセロナがFIFAの規定が定める、18歳未満の未成年外国人選手の獲得・登録違反により久保選手はバルセロナでの出場機会を失い、退団を余儀なくされることに

久保建英Jリーグ時代

https://twitter.com/fctokyoofficial/status/1083921607146360832

移籍先は日本のJリーグ。FC東京に移籍したがトップチームでも出場機会が少なくレンタル移籍を監督に直談判したらしい。

 

その希望が叶い横浜マリノスにレンタル移籍が決まる。

 

横浜マリノスではトップチームで出場してゴールもあげている。

 

レンタル移籍の期限が満了となり再びFC東京に在籍することになる。FC東京ではトップチームで先発出場で定着しゴールを量産。日本人離れしたテクニックでJリーグを沸かせました。

バルセロナではなくレアルマドリードへ

 

2019年6月で18歳になるとFIFAの規定の未成年ではなくなるので自由に海外移籍ができます。また、バルセロナに戻ると噂されていましたが、実は水面下でパリサンジェルマンやレアルマドリードも獲得争いをしていたようです。

 

久保建英は幼少期からスペインで過ごしていることもあり、スペイン語でのコミュニケーションがとれる地域を希望していたようです。

 

また、トップチームに所属することにこだわりがあったようです。この条件がバルセロナ側とは折り合いがつかなかったとも報道されています。

 

最終的にはレアル・マドリードへの移籍が決定、移籍金2億4000万円 年俸1億2000万円で契約しました。

レアルでのプレイはいつから見れる?

久保建英選手はレアル・マドリードのBチームにあたるレアル・マドリ―・カスティージャでプレイすることになります。

 

カスティージャでの活躍が認められるとトップチームでの出場が期待されます。

早ければプレシーズン期間の7月下旬にもみられるかもしれません。