スポーツ

久保建英と中井卓大の海外の反応の違いは?プレースタイルから解説!

日本の宝!久保建英選手と中井卓大選手。どちらも幼少期の頃から海外の一流クラブチームのユースに所属し、世界を肌で感じて育ってきた二人です。

これから日本のA代表になることは間違いないですね。

日本のサッカーファンはみんな二人の成長を楽しみにしています。

でも、久保建英選手と中井卓大選手の違いをわかるともっと二人を理解することができると思います。

詳しく解説していきます。

久保建英のポジションとプレースタイル

ポジションはサイドのミッドフィルダーです。サイドアタッカーとも言われますが、ピッチの横から相手の守備を崩していく仕掛けをするポジションです

久保建英選手は右サイドのミッドフィルダーが多いです。

左利きでありサイドから中にドリブルで切り込んでスルーパスを出したり、そのままシュートすることもできます。

相手ディフェンダーにとっては、ボールを取りに行くとドリブルでかわされるので、ずるずると下がってしまいます。

下がってしまうとスルーパスを出されたり、シュートを打たれます。

シュートも小柄なので威力がないかと思いきやミドルシュートも相当な威力があるので、シュートブロックへいかざる終えません。

ディフェンダーにとっては、厄介な相手です。

シュート技術も相当高くゴール前での冷静さはベテランの域ですね。

中井卓大選手のポジションとプレースタイル

ポジションはボランチです。ボランチとはポルトガル語でハンドルを意味します。ゲームの勝敗全般に影響する重要なポジションです。

ボランチは攻撃にも守備にも貢献しなくてはならなく、総合力が求められます。また、走力やゲーム全般での運動量が要求されるので、とても大変なポジションです。

ボランチはフォーメーションにより、2人居ることもあります。それはチームによって異なります。

2人いる場合はサイドに分かれて役割を担うことや、攻撃よりや守備よりのように役割を分けることがあります。

中井卓大選手はボランチでゲームを組み立てる役割が多いようですね。

日本代表の遠藤選手をイメージしてもらうとわかりやすいかも知れません。

 

久保建英選手の海外の反応

久保建英選手のプレーは世界基準であることは間違いですね。

海外の反応でもっとも多いのがプレースピードが早いことです。久保選手にボールが入ると一気に前を向き相手ディフェンダーと1対1を仕掛けて行く。視野も広いのでパスも出せる。

多くのビッククラブが久保建英選手の争奪戦に名乗りをあげているようです。

元バルセロナで現在はチェルシー所属のセスク・ファブレガス選手も

「take(久保建英)のプレーは何回見ても、才能にあふれていて、技術もとても高いレベルにあると思うよ。人間的にも良い選手だと聞いてるしね。
FCバルセロナで成功することはとても大変なことだと思うだ。だから僕もtakeのことは、これかもずっと温かい目で見ていくよ」

 

中井卓大選手の海外の反応

リアルマドリードの下部組織の所属している。入団テストは50人ほど受けたようであるが、受かったのは中井卓大選手ただ一人。

サッカーの技術はもちろんですが、ゲーム展開力の相当評価が高いです。

16歳以下のカデーテ監督は

「とても才能に溢れた選手で、レアルのチームの中でとても重要な選手の一人。pipiはモドリッチに近い選手になると思うよ。ブスケスのような中心人物になるだろう。pipiはモドリッチよりも強い選手に育ててあげたいと思っている」

ただ、元日本代表の松井選手は警鐘を鳴らしているようです。

15歳の青年にこれからの日本を背負うなどと言うのは間違えている。これから体格も変わるし多くのことを経験する。レアルのトップチームに昇格できる保証もないし、日本代表で活躍できるとも限らない。

 

まとめ

久保建英選手はMFで攻撃中心。ドリブルとスピードが持ち味であり攻撃センスは世界から高く評価されている。

中井卓大選手はボランチで守備や攻撃など総合力が求められる。15歳以下の監督も将来世界で活躍する逸材であると太鼓判

久保選手中井選手ともに海外からの反応は素晴らしいが、若いだけにまだまだ身体面や精神面での変化が予想される。過度な期待は持たないほうがよいと懸念する意見もある。

ただ、両選手は現時点で将来日本人として世界で活躍できるレベルにあることは間違いないようだ。