スポーツ

トッテナム ソンフンミン悪質タックルで一発退場!ゴメス足首骨折

トッテナムのソンフンミン選手大活躍ですよね。

いまやアジアを代表する選手になっています。

プレミアリーグ第11節2019年11月3日に行われた、エバートンvsトッテナム

78分、ポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスが、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンのタックルを受けて転倒。足首を骨折しました。

そのシーンについて解説していきます。

アンドレ・ゴメス

1993年7月30日 生まれ

身長 188cm

体重 84kg

ベンフィカ→バレンシア→バルセロナ→エバートン

ソン・フンミン

1992年7月8日 生まれ

身長 183cm

体重 77kg

ハンブルガーSV→レバークーゼン→トッテナム

問題となったシーン

足首があらぬ方向を向いていてみんな目をそむけています。

加害者のソン・フンミン選手も頭を抱えて泣いています。

サッカーでは意外と少なく足首の骨折

田中達也選手

元フランス代表シセ選手

まとめ

サッカーの試合では足首の怪我は意外と少なくありません

足首の骨折は外観からあらぬ方向に曲がってしまうので、イタイタしいですね

完治後も痛みがキレイにひけるまでには年単位の治療期間が必要