スポーツ

【若手有望株】将来有望でサッカー日本代表になるであろう若手逸材!

日本代表コパアメリカでの若手の活躍が世界中から注目されていますね。

コパアメリカ2019ではオリンピック世代や20歳になっていない選手の招集もあり一気に世代交代が進んだ印象です。

日本代表に将来招集されること間違いなしの若手有望株の選手を紹介します。

フォワード

前田 大然(まえだ だいぜん)

1997年10月20日生まれ

大阪府出身

身長 173cm

体重 67kg

松本山雅→水戸ホーリーホック→松本山雅

俊足が特徴50m5.8秒

鎌田 大地(かまだ だいち)

1996年8月5日 生まれ

愛媛出身

身長 180cm

体重 72kg

サガン鳥栖→フランクフルト→シント=トロイデン

西川 潤(にしかわ じゅん)

2002年2月21日 生まれ

神奈川県 出身

身長 180㎝

体重 71kg

セレッソ大阪

 

 

ミッドフィルダー

久保建英(くぼたけふさ)

2001年6月4日生まれ

神奈川県出身

身長 173cm

体重 69kg

FC東京→横浜F・マリノス→FC東京→レアル・マドリード

幼少期の頃からバルセロナの下部組織に在籍し、一流のテクニックを有する。

トップ下と右サイドで起用されることが多いが、左サイドでもできる。

堂安 律(どうあん りつ)

1998年6月16日 生まれ

兵庫県出身

身長 172㎝

体重 70kg

ガンバ大阪→FCフローニンゲン

左利きで右サイドでプレーすることが多い。細かいステップのドリブルは相手を悩ます。

 

三好康児(みよし こうじ)

1997年3月26日 生まれ

神奈川県出身

身長 167㎝

体重 64kg

川崎フロンターレ→北海道コンサドーレ→横浜F・マリノス

左利きで右サイドが主戦場。

 

安部 裕葵(あべ ひろき)

1999年1月28日 生まれ

東京都出身

身長 171㎝

体重 65kg

鹿島アントラーズ

左サイドとトップ下でプレーすることが多い、キープ力がすごい選手でパスセンスも抜群。